読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若い才能が恐ろしい。天才「米津玄師」がかっこよすぎワロタ

音楽というものに疎いゲームおじさんは、作業中のBGMなんかも、ゲーム系のサントラばっかり。

でも最近のミュージックは、YouTubeなんかで公式がアップロードしてて、いろいろ聴いてみたりすることもできて、いい時代になったなあ、と思うんよ。

人気のミュージシャンとかアイドルも、職業柄キャッチしとるんやけど、けっこう子供だましも多くてね。まあこんなもんか……とか思いながら聴いたりしてるわけ。

でも、"本物"ってやつがおったんよ。

米津玄師のMVを一通り聴き終えたとき、コイツは「米米CLUB」とか「ポルノグラフィティ」を超える天才や……! と思ったね。


作詞作曲、歌、絵まで描けちゃう本物の天才

まあ、とりあえずYouTubeで無料で見ることができるので、みんなも見てみてや。

作詞作曲も、歌も、絵も、動画編集まで、全部「米津玄師」1人でやっとるんやで。

作曲できる。作詞できる。絵も描ける。

そして、YouTubeの視聴回数が4000万越えっていうね。国内アーティストでもトップクラスの数字らしいで。

ダンスまで出来ちゃうって?

しかもなんと、踊りまでできるって言うね。

ゲームおじさんはダンスのことなんてまったくわからんけど、並々ならぬ表現力を感じるわ。

究極の雰囲気イケメンってやつじゃないか?

雰囲気だけで人を殺せるレベルやな。


当然のことながら、女子中高生の多くは米津玄師にメロメロやで。

もう寝ても覚めても米津玄師やろうな。

まあゲームおじさんとしても、しょうもないイケメンが人気になるより、こういう本物の男がモテるほうが納得感があるけどな。

もともとは「ニコニコ動画」の出身

米津玄師は、動画にコメントを流すサービス「ニコニコ動画」で、「ハチ」って名前で活動しとって、すでに大人気やった。

今は自分の声で歌っとるけど、ニコニコ時代はボーカロイドの「初音ミク」なんかに歌わせとったみたいやね。

この『マトリョシカ』なんて曲は、あんまりニコニコ動画文化に詳しくないゲームおじさんですら聴いたことがあった。

『マトリョシカ』のデザインのコスプレする子なんてのも見たことあるし、とんでもない影響力や。

この頃から、すでにセンス抜群やったんやね。

ゲームおじさんが一番好きな曲『vivi』

米津玄師の中で、ゲームおじさんが一番好きなのが、この『vivi』って曲や。

カッコイイ兄ちゃんでありながら、中年童貞おじさんにも刺さる曲が作れるってのが、ホンマモンの天才なんやろうね。

これでまだ25歳とか26歳でしょ?

末恐ろしいわ。

こんな才能が、普通にYouTubeに動画なんかあげたりしてて、なんか世の中おかしくなってしまうんじゃないかとか、そういうことを思った。

YouTubeのコメント欄とか見ると、本当に愛されるアーティストの曲ってのが如何なるものかがわかるね。

仮にゲームおじさんが女子高生やったとしたら、米津玄師で頭がいっぱいで、仕事が手につかんくなってたやろうなあ。

やる夫スレから始まった小説『ゴブリンスレイヤー』を紹介

ゲームおじさんだ。

今日は、面白かったライトノベルについて語る事にしよう。

紹介するのは、『ゴブリンスレイヤー』。

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

略称は『ゴブスレ』、ひたすらゴブリンを殺す話だ。

2chやる夫スレが始まり

実はこの小説、「2ちゃんねる」の「やる夫スレ」が始まりなんよ。

みんなは、この「やる夫」っていうAA(アスキーアート)で描かれたキャラクター知っとる?

f:id:gmoji:20170408171341j:plain

コイツのことよw


悪質なゲームメディアのせいで、「やる夫」や「やらない夫」のイメージは地に落ちとるかもしれんけど、コイツらは何も悪くないからね?

そこだけは勘違いしないで欲しいね。


「やる夫」ってのは、2ちゃんねる公式?キャラクター的な立ち位置で、ニコニコ動画における「初音ミク」みたいなもんやね。

で、昔は「やる夫スレ」ってのが流行っとって、みんながAA(アスキーアート)を自由に組み合わせて、色んなお話を作って遊んどったんよ。

その「やる夫スレ」の人気作の一つに、『ゴブリンスレイヤー』ってのがあったんや。


詳細は、「やる夫Wiki」や「アニヲタWiki」にまとめられとるから、リンク貼っておくよ。

ゴブリンスレイヤー | やる夫 Wiki | Fandom powered by Wikia

アニヲタWiki(仮) - ゴブリンスレイヤー


ゴブリン殺すべし

元ネタは『ニンジャスレイヤー』らしいね。

世界観は、「RPG」とか「TRPG」のような中世ファンタジー。

主人公である冒険者(ゴブリンスレイヤー)は、その名の通り、ひたすらゴブリンを殺すんよ。

もうゴブリン絶対殺すマンなんよ。

「ただゴブリン殺しとるだけやん?」って思われるかもしれんし、実際そうなんやけど、でも面白いんよね。

『ゴブリンスレイヤー』に出てくるゴブリンは、ただのザコ敵じゃなく、ものすごく見窄らしくで邪悪なヤツらなんよ。

男は殺すし、女は死ぬまで嬲るような、悪意の塊みたいな生物。

一匹一匹の戦力は弱いけど、集まるとめっちゃ厄介。そして、他の生物の雌をさらってすぐに増える。

そういうゴブリンを、主人公は殺しまくるんよ。

やる夫スレの投稿から小説家デビュー

やる夫スレを立てた「◆CoNaNQHQik」氏は、周囲からの勧めで、「蝸牛くも」というペンネームで、『ゴブリンスレイヤー』の小説を書き「GA文庫大賞」に投稿する。

『ゴブスレ』自体はそこそこ良いところまで行ったけど落選で、それを諦めずに、時代小説なんかも書いて、最終選考くらいまで残ったらしい。

その後、なんやかんやで『ゴブスレ』のやる夫スレが編集者の目に留まって、書籍化 → 大人気ってわけよ。

AAを投稿して人気になるだけで終わらずに、自分で文章書いて「小説」って形にするところがスゴいよね。

ゲームおじさんも、ライトノベルはたくさん読んでるし、小説を書いて挫折した経験もあるから、そのスゴさがよくわかるわ。

漫画版は無料で読めるよ!

小説のコミカライズが、「ガンガンONLINE」で連載されとって、最新話と、第1話、第2話は、無料で読めるようになってる。

www.ganganonline.com

無料のところだけでも、とりあえず雰囲気はわかると思うので、気になったら読んでみてや。
(ただ、残酷な描写、猟奇的な描写があるので、苦手な人は注意してや。)


ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊),黒瀬浩介,神奈月昇
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2016/09/13
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (2件) を見る


小説版のほうは、4巻、5巻と続いていて、ひょっとしたらアニメ化もあるかもわからんね。

でもまあ、仮にアニメになっても、お昼にテレビで流れることは絶対にないやろうねw

メタRPG『この素晴らしい世界に祝福を!』が面白い!

どうも、ゲームおじさんだよ!


もう春アニメの季節やね。

ゲームおじさんは、『このすば』ロスに苦しんでるのよ。

『この素晴らしい世界に祝福を!』、略して「このすば」が大好きで、アニメが終了して悲しいんよ。(3期待っとるで!)


もともとは、「小説家になろう」っていう小説投稿サイトに投稿されてたオンライン小説。

作者が「暁なつめ」、イラストレーターが「三嶋くろね」で、角川のスニーカー文庫からライトノベルが発売されとるよ。

ウェブ版のほうは、今はもう見れないらしい。

アニメにハマって、小説も全部買っちゃったよ。

この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)


メタRPG

「このすば」は、RPGのお約束をあえて破棄することで、それが面白さに繋がっとるっていう趣向の物語やね。

美しく高潔なはずの女神様が「駄女神」やったり、天才アークウィザードが○○やったり、高貴なクルセイダーの美女が○○やったりね。(ネタバレ防止のため伏せ字)

魔王軍もそれぞれ、普通じゃない特徴があって、「お約束」をあえて捻じ曲げるところが楽しいんやね。

こういう、RPGをメタる(一度その世界から外に出る)タイプのお話は、RPG系の小説とか漫画の面目躍如ってカンジやわ。

『ドラクエ』や『FF』から始まった「RPG」は、それぞれが個別の作品なんじゃなくて、どこかで薄く繋がっとるというか、そういう感覚がゲームおじさんは好きなんよ。

ぼんやり見ていて楽しいアニメ

『このすば』は、なんというか、「美味しいおかゆ」みたいな作品なんよ。

咀嚼する必要もなく、ただ見てて、あーたのしー!っていうか。

ゲームおじさんも、胃腸が弱ったのか、そういうアニメがすっごく見たくなるんよね。


「コンプティーク」って雑誌があるんやけど、昔そこに『ロードス島戦記』っていう小説が連載されとった。

新装版 ロードス島戦記    灰色の魔女 (角川スニーカー文庫)

新装版 ロードス島戦記 灰色の魔女 (角川スニーカー文庫)

今読んでも名作なんやけど、ライトノベルの原点みたいなもんやね。

ゲームで遊ぶRPGってやつを、文章にした始まりが、この作品やった。

そのときから、ずっとRPGを舞台にした小説が好きやったんやけど、だんだん進化してるなーって思ってる。

その一つが、『このすば』やね。


昔のライトノベルは、もっと情熱とか、手に汗握る戦闘とか、そういうのがメインやったんやけど、それもワンパターンやしね。

もちろん、「ゆるーい」系ばかりが流行っとるわけではなく、ちょっと刺激的すぎる描写が出てくる『ゴブリンスレイヤー』とか、主人公が極限まで追い詰められる『RE:ゼロから始める異世界生活』とか、そういうものもあるからね。
(ちゃんと全部読んどるんよ。読書量でも若者には負けんよ。)

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)

で、「ゆるーい」系で一番人気の作品が『このすば』やね。

登場人物のほとんどが「残念」な、優しい世界なんよ。


気になったら見てみてね!

小説とアニメがあるけど、どちらかと言えばアニメがオススメやね。

原作の小説よりもいいんやけど、『このすば』はアニメが特に最高やと思う。作ってる側もノリノリでやってて、ホント楽しいね。


アクア役の声優をしとる雨宮天(てんちゃん)の演技は最高やと思う。

「ターンアンデッド、ターンアンデッド、ターンアンデッド、ターンアンデッド、ターンアンデッド、花鳥風月、ゴッドブロー~~!」

って、もう何回も見てしまうわw

まあ、ゲームおじさんが一番好きなキャラは「めぐみん」なんやけどね。


公式サイトへのリンクも貼っておくね。

アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』公式サイト

アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!2』公式サイト


ちなみに、今週の日曜日、4月9日には『このすば』感謝祭が「ディファ有明」であるみたい。


f:id:gmoji:20170407200029j:plain


まだ間に合うね。

ゲームおじさんは仕事があるので行けないけど、リアル雨宮天さんや高橋李依さんが見れるらしいし、Tシャツや缶バッチなどの物販もあるたいよ。

仕事すっぽかして参加しようかしら。(冗談やよ。)