読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる夫スレから始まった小説『ゴブリンスレイヤー』を紹介

ゲームおじさんだ。

今日は、面白かったライトノベルについて語る事にしよう。

紹介するのは、『ゴブリンスレイヤー』。

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

略称は『ゴブスレ』、ひたすらゴブリンを殺す話だ。

2chやる夫スレが始まり

実はこの小説、「2ちゃんねる」の「やる夫スレ」が始まりなんよ。

みんなは、この「やる夫」っていうAA(アスキーアート)で描かれたキャラクター知っとる?

f:id:gmoji:20170408171341j:plain

コイツのことよw


悪質なゲームメディアのせいで、「やる夫」や「やらない夫」のイメージは地に落ちとるかもしれんけど、コイツらは何も悪くないからね?

そこだけは勘違いしないで欲しいね。


「やる夫」ってのは、2ちゃんねる公式?キャラクター的な立ち位置で、ニコニコ動画における「初音ミク」みたいなもんやね。

で、昔は「やる夫スレ」ってのが流行っとって、みんながAA(アスキーアート)を自由に組み合わせて、色んなお話を作って遊んどったんよ。

その「やる夫スレ」の人気作の一つに、『ゴブリンスレイヤー』ってのがあったんや。


詳細は、「やる夫Wiki」や「アニヲタWiki」にまとめられとるから、リンク貼っておくよ。

ゴブリンスレイヤー | やる夫 Wiki | Fandom powered by Wikia

アニヲタWiki(仮) - ゴブリンスレイヤー


ゴブリン殺すべし

元ネタは『ニンジャスレイヤー』らしいね。

世界観は、「RPG」とか「TRPG」のような中世ファンタジー。

主人公である冒険者(ゴブリンスレイヤー)は、その名の通り、ひたすらゴブリンを殺すんよ。

もうゴブリン絶対殺すマンなんよ。

「ただゴブリン殺しとるだけやん?」って思われるかもしれんし、実際そうなんやけど、でも面白いんよね。

『ゴブリンスレイヤー』に出てくるゴブリンは、ただのザコ敵じゃなく、ものすごく見窄らしくで邪悪なヤツらなんよ。

男は殺すし、女は死ぬまで嬲るような、悪意の塊みたいな生物。

一匹一匹の戦力は弱いけど、集まるとめっちゃ厄介。そして、他の生物の雌をさらってすぐに増える。

そういうゴブリンを、主人公は殺しまくるんよ。

やる夫スレの投稿から小説家デビュー

やる夫スレを立てた「◆CoNaNQHQik」氏は、周囲からの勧めで、「蝸牛くも」というペンネームで、『ゴブリンスレイヤー』の小説を書き「GA文庫大賞」に投稿する。

『ゴブスレ』自体はそこそこ良いところまで行ったけど落選で、それを諦めずに、時代小説なんかも書いて、最終選考くらいまで残ったらしい。

その後、なんやかんやで『ゴブスレ』のやる夫スレが編集者の目に留まって、書籍化 → 大人気ってわけよ。

AAを投稿して人気になるだけで終わらずに、自分で文章書いて「小説」って形にするところがスゴいよね。

ゲームおじさんも、ライトノベルはたくさん読んでるし、小説を書いて挫折した経験もあるから、そのスゴさがよくわかるわ。

漫画版は無料で読めるよ!

小説のコミカライズが、「ガンガンONLINE」で連載されとって、最新話と、第1話、第2話は、無料で読めるようになってる。

www.ganganonline.com

無料のところだけでも、とりあえず雰囲気はわかると思うので、気になったら読んでみてや。
(ただ、残酷な描写、猟奇的な描写があるので、苦手な人は注意してや。)


ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊),黒瀬浩介,神奈月昇
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2016/09/13
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (2件) を見る


小説版のほうは、4巻、5巻と続いていて、ひょっとしたらアニメ化もあるかもわからんね。

でもまあ、仮にアニメになっても、お昼にテレビで流れることは絶対にないやろうねw