読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンテンドースイッチは成功するのか?ゲームおじさんの考え

本日は、2017年3月3日、待ちに待ったニンテンドースイッチの発売日でございます。

ニンテンドースイッチは成功するのか、僕ことゲームおじさんが、自分なりの考えを書いていくよ。


ローンチソフトの圧倒的な不安

ハードの初動は、一緒に発売されるソフト、いわゆる「ローンチタイトル」が重要になる。

たしかこの前、スイッチのローンチのラインナップって同窓会みたいだね、という記事を書いたんだっけ。

ローンチタイトルが魅力的かどうか以前に、数が少なすぎるのよ。いや、一応建前上はそこそこあるけど、ほとんどが埋め合わせ。

WiiUのローンチもほとんど埋め合わせで、案の定失敗してしまった。


でも、今回は状況がちょっと違う。
任天堂の唯一の希望の星と言ってもいい、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がある!

おじさん、トレーラー見ただけで心踊っちゃった♪

『ゼルダ』があるのとないのとでは、ハードリリース時の売上に、へたしたら倍近いほどの差が出てしまうのではないでしょうか?


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

このサイトの記事を見て、びっくらこいちゃったよ!

news.denfaminicogamer.jp

ゼルダの大作って、2011年に出た『スカイウォードソード』が前作やから、まあ5年くらいはかかっとるわけやろ?

任天堂って、ゲーム業界の中でも人材の流動性が低くて、まあ子会社はたくさんあるんやけども、とても低いとは言えない給料を社員に払い続けてる。

それでいて、300人ほどのメンバー全員に、1週間のテストプレイって……そんなんプロデューサーさんが頭おかしなるで?

一体『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を作るために、いくらくらいのお金を費やしたんやろうね?


こんな大作、下手したらもう一生作れんと思うわ

この『ゼルダ』を買うためだけに、ニンテンドースイッチを買う価値は間違いなくあると思うで。というより、ゼルダ一本のために4万円払ってもいいくらいや
僕は別に任天堂ファンでもゼルダの伝説ファンでもないけど、同じ日本のクリエイターとして誇らしいってのはあるなあ。


まあ、任天堂さんは本当に馬鹿正直というか良心的というか、『ブレス オブ ザ ワイルド』はWiiUでもプレイできるんよね。
本当はスイッチだけで出したほうが楽だし、本体の売上も伸びそうなんだけども……。


ただ、『ブレス オブ ザ ワイルド』も、WiiUの時点で発売できたと僕は思ってる。
どうしてもスイッチのローンチのラインナップに入れたいから、発売を延期したんじゃないかな。正しい判断やと思うけどな。


任天堂が直面する困難

なんていうか、もっと昔はな、ゲームってわりと適当でもよかったし、作るのに今ほど莫大な金と人が必要なわけでもなかった。

そして、任天堂は、ハードを作って色んなサードパーティーを呼び込みながら、自分たちで作るソフトがメイン、というやり方で、大成功してきた。

でも今は、ハードを作る会社はハードを全力で作る。ソフトを作る会社はソフトを全力で作る。みたいな分業化が進んでいってるわけよ
iPhoneとかAndroidを見ればわかるよね。

任天堂みたいに、ハードもソフトも……ってわけにはいかなくなってきた。

スイッチは、インディーズ開発の支援もしていくと言っとるけど、あまり本気にも見えないし、そこまで支持されそうにもない。


任天堂は、社員数も少ない少数精鋭だし、ソフトメーカーとしては生き残れそうだけど、ハード開発は、下手したらこのニンテンドースイッチが最後になってしまうかもしれない


それでもニンテンドースイッチはすでに「成功」している

でも、ここまで多くの人を感動させられるゲームを作れる任天堂を「成功」と言わずして、何を「成功」と言うのだろう?

クリエイターとして、『ゼルダ』のように人々をワクワクさせ、『スプラトゥーン』のようにアツいイベントを開催し、『マリオ』のように誰もが知っているゲームに関わること以上のものは、なかなかないと思う。


世の中には、あまり質は高くないし、後々のユーザーにいい思い出は残さないだろうけど、(だからこそ)儲かってるようなゲームだってあるからね。


スイッチの売れ行きがどうなろうと、今の任天堂のような在り方ができるだけで、もう「成功」と言ってしまっていいと思う。これがゲームおじさんの結論だよ。


f:id:gmoji:20170303131637p:plain
(任天堂、2017年、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)


僕もいつか、青沼英二さんのように大規模なゲームのプロジェクトを担当したい。まだ夢を諦めてはいないぜ!